営業支援システムを知って納得【効率面やコスト面で大きなメリット】

メニュー

顧客データを活用する方法

男性

効率的な営業活動が可能

営業支援システムを導入する企業が増えています。従来は大企業に限られていましたが、今では中小の企業においても営業支援システムによって事業運営を伸ばしているところが多くなっているのです。もともとこのシステムはアメリカで提唱されて世界中に広がったもので、企業の生産性を高める効果があります。営業支援システムに備わっている主な機能は営業活動の記録や報告などを一元化するものです。従来の営業活動では営業マン一人一人が管理していた顧客情報や営業記録などを、会社で一元管理できるようになるのです。一元化すると営業部だけでなく、全社的にその情報を使えることになります。それによって顧客がどのような製品やサービスを求めているかがわかり、企画開発や商品開発に役立てることができます。営業支援システムの特徴は顧客管理システムと連携して使うとより効果が上がるという点です。顧客一人一人の消費傾向などをデータ化することができ、それによって販売戦略などを立てることができるようになります。このように顧客などの情報資産を一元化することで、営業部門全体で共有することができます。営業支援システムを導入すると、人事異動などで担当者が変わった時にも顧客データの引き継ぎなどが簡単にできるようになります。また特定の商品やサービスを販売するときに、顧客データから傾向を導き出してターゲットを絞り出すことができます。そうすることによってより効率的な営業活動ができるようになるのです。

RECOMMEND POST

電話

仕事で忙しくても安心

店舗や企業が忙しいときに顧客から電話がかかってきて不在ですと、印象が悪くなりますし、新規の顧客を逃してしまいがちになります。そんなときに便利なサービスが東京の電話代行サービスです。店舗や企業の従業員に代行して、丁寧に接客してくれるところが魅力です。

オペレーター

顧客関係管理で重要な点

CRM活動の一環としてコールセンター業務の強化は欠かせないポイントです。ただし、気をつけなければならないのが体制作りです。単に顧客対応を良くしたり、顧客の声を収集するだけではCRMとしては不十分なので、顧客からの声をしっかりと分析し、企業活動に活かす体制作りが重要になってきます。

Copyright© 2018 営業支援システムを知って納得【効率面やコスト面で大きなメリット】 All Rights Reserved.